株式会社ユー・アーキ

住宅・店舗・事務所のデザイン&工事 [横浜]

TEL.045-482-2155

〒221-0812 横浜市神奈川区平川町13-21

建築 リノベーション

透過損失計算

音の透過損失計算について、複数の素材を組合わせた場合には本来、下記の計算式では差異が生じると思われるが推定計算式として記載しておきます。(透過損失だけで遮音性が決まるわけではありません。)
※合板、石膏ボード、断熱材や遮音材を複合的に使用した場合の面密度合計値による「推定値」

パネル単層の透過損失計算式

TLo : 透過損失(垂直入射波)=20Log10fXM-43
TL : 透過損失(任意入射波)=Tlo-10Log10(0.23XTLo)
M : 材料層の面密度
f : 周波数

参考

空気層の有る、複列の透過損失 TLML+10Log10*{1-(f/fr)}

fr 共鳴透過損失

fr 共鳴透過損失1

fr : 共鳴透過損失
m1.m2 : 表面材の面密度(g/cm2)
m:表面材の面密度(g/cm2)
C:音速(cm/sec)
P:両側面の音圧差
d:空気層の厚さ(cm)

空気層の有る複列の透過損失

空気層の有る透過損失

〒L:中空パネルの透過損失
f:周波数
TLML:空気層が無い透過損失
fr:共鳴透過損失

引用

八戸工業大学 音環境工学 橋本研究室 GOOD
重量床衝撃音の予測計算ソフトがダウンロードできます。(日本建築学会賞受賞^^)

早稲田大学 音環境情報処理研究所
騒音の制御,評価のあり方,音場設計,視覚・聴覚が退化してしまった文明国の人々の目や耳でなく人間が本来持っていた視覚・聴覚に基づく符号化やVR構築,一般化調和解析など原点に立ち返った信号処理,文化遺産からの非接触・非破壊音情報読み取り,言語獲得に関する研究等を進めている・・・難しそうですが子安 勝先生の論文は平易なものも有り大変参考になります。(建築音響についてはこちらですPDF

住宅建築の行方

日本の住宅建築コストは高いと言われてきました。今後の住宅建築のあり方は「持続可能な社会」。キーワードとなる項目はいくつか上げられますが、「長期優良住宅」の基準をベースに考えてみました。

「長潮優良住宅」9つの基準

(1)劣化対策

少なくとも100年程度は骨組みを使用できること。

(2)耐震性

数百年|こ一度の大規模地震でも改修して住み続けられること。

(3)維持管理・更新の容易性

内装や設備の維持管理をしやすいこと。

(4)可変性

居住者のライフスタイルの変化に応じて間取りの変更か可能なこと。

(5)バリアフリー性

将来のバリアフリー改修に備え、必要ななスベースを確保していること。

(6)省エネルギー性

断熱性能などの省エネ性能を確保していること。

(7)居住環境

良好な景観の形成、居住環境の維持・向上に配慮している。

(8)居住面積

一戸建て75㎡以上、マンション55㎡以上(地域の実情に合わせ変更可能)

(9)維持保全計画

屋根や柱、壁、給排水設備などの点検時期と内容を定め、少なくとも10年ごとに点検すること。

カラーシュミレーションのサイト紹介

住宅のカラーシュミレーションは国内でもサイディングメーカーやキッチンメーカーがオンラインでイメージが見られるサイトを提供しているが、色柄は相当限定されていますね。アメリカのサイトでこんなページを見つけたのでご紹介します。コーディネートの参考になるかも知れません。

紹介しているページはこちら Eリフォーム横浜です。画像をクリックするとEリフォームサイトが開きます。

カラーコーディネート(シュミレーション)

住宅用防火サッシの耐火性の不足について

なんとも納得できない。昨年の防火性能不足サッシ問題

PanasonicのFFヒーターは25年前まで、さかのぼりリコールしている。トステムや関連同業メーカー、(社)カーテンウォール防火開口部協会会員会社は、過去の物件に対してどう対応するのか説明すべきでは無いのか?

このまま闇に葬るのか?一方で、トステムは既存販売ルートのサッシ問屋を整理する行動に出ている。いままでトステムのサッシを組み立て、現場に納品してきた協力会社も生き残りのために簡単に整理するのか?更に一方で、20数年一緒に歩んできた弊社協力会社は今までの社歴を清算して、トステム傘下の営業所に変わる。これが淘汰なのだろうか?整理されようとしているサッシ問屋には、何の説明も無い。LIXILよ中小弱小が捨てられるので、良いのか日本。

4 施工上の要点

サッシ取付開口の確認
2 -(2)の要領に従って施工されていることを確認してください。

先張防水シートの施工

  • 張防水シートは、約300㎜幅の長尺巻きフリーカット仕様のものと、定尺の窓台シートと左右端末処理部品がセットされた商品があります。
  • フリーカットのものを使用する場合には、左右柱より少し大きめの幅に切断します。
  • 右図c.のようにカッターで切り込みを入れて窓台側に折り込みます。
  • 片面粘着防水テープを用いて、柱と窓台との接合部にピンホール(雨水の浸入口)ができないように入念に塞ぎます。

サッシ枠の取付け

  • 水準器と下げ振りを用いて水平・垂直を確認しながらサッシ枠を取付けます。
  • 左・右・上部の枠取付ねじ止め箇所には、クリアランス相当厚さの「かい木」を装填してからねじ止めします。
    ※左右柱いずれかへの「片寄せ」取付けは避けてください。水平・垂直な取付けができなくなることがあります。

防水テープの施工

防水テープを選択します。
テープの材質: 十分な耐水性と耐久性のある信頼性の高い商品を選択します。
テープの幅:構造用面材を使用する場合→75㎜幅以上のもの
        構造用面材を使用しない場合→50㎜幅のもの
粘着面:表裏それぞれに粘着させる場合(上部・たて部)→両面粘着タイプのもの
     片側だけを粘着させる場合(下部)→片面粘着タイプのもの
下→左右たて→上の順に施工します。(下図)
※「気密住宅」としない場合には、下部の施工を省略することができます。

専用のローラーやヘラなどを用いて、強く圧着するように施工します。

  • 施工前に粘着箇所に付着している油分やホコリなどを除去してください。
  • 浮きやシワが生じないように施工してください。
  • サッシ枠釘打ちフィン端部、凹凸のある箇所、隅角部、テープが重なる箇所などは特に入念に、ヘラを用いて強くこすりつけるように施工してください。

5-1 雨水浸入事故対応の手順と標準書式について

①受付応対

第一報の受付時のポイントは、雨水浸入の状況をできるだけ詳細に聞き出し、正確に受付記録して物件管理および作業担当者に正確に伝えることです。お客様へ丁寧に現場確認の必要性をご説明して協力をお願いします。

②現場確認

現場確認のポイントは、雨水浸入の連絡があった浸潤箇所の状況と受付した雨水浸入確認書の記載内容を照合し、事実確認をすることです。雨水浸潤箇所および周辺の状況を確認したのち、開口部の商品について「商品別調査確認書」に照らし合わして調査を行います。
この時点での工務店様単独では散水確認をおこなわないようお願いします。商品の性能値を超える状況での散水確認は誤解を招くだけでなく、住宅までも傷めてしまう可能性があります。

③施主説明

現場確認と個別調査の結果、原因が特定できる場合はその状況をお客様に説明し、現場補修で解決できる場合はその補修方法を説明のうえ了解を得て補修します。補修後は補修工事明細書に内容を正しく記録します。現場確認と個別調査で原因が特定できず、開口部の商品に起因するように思われる場合や他からの雨水浸入の可能性もある場合は、原因が特定できない為、関連箇所に関係する各業者と合同現場調査を行う旨を説明して「雨水浸入確認書」と「商品別調査確認書」および撮影した写真、図面、現地案内図を担当サッシメーカーの窓口へ送信して合同現場調査を依頼してください。

④原因究明(合同現場調査)

合同現場調査は、関連箇所に関係する各業者および担当サッシ販売店・担当サッシメーカーと事前に進め方について協議を行います。合意した内容と散水などの実施も含めて合同現場調査の進め方をお客様に説明し、了解を得てください。商品部分に関する散水などについては、必ずメーカー側に主導権を一任し、部位ごとの責任範囲を明確にしつつ協働により原因究明に取り組むことが大切です。

⑤補修工事

散水などにより浸潤箇所の浸潤状況が「雨水浸入確認書」の記載内容と一致した場合、浸入箇所がほぼ特定できます。補修については責任の範囲を明確にして補修方法を協議のうえ、お客様に補修方法の説明をして了解を得てください。

⑥ 完了検査

補修完了後は必ず散水などを行い、水の浸潤がないことを確認します。完了検査後は必ずお客様から「補修完了確認書」に完了印をいただいてください。

雨水浸入事故対応手順

(各工程の対応手順と作成していただく帳票類を表にまとめると次のようになります。)

> 現場確認の結果、現場補修で解決できる場合の手順
> 現場確認の結果、原因不明でサッシ販売店・サッシメーカーと合同現場調査を行う場合の手順

雨水浸入事故対応手順

抜粋:社団法人日本サッシ協会

5-2 現場確認の注意点…雨水の浸潤と浸入箇所の関係

雨水浸入現場の確認は、さまざまなところを注意深く確認する必要があります。お施主様が発見された浸潤情報をもとに、結露・性能オーバー・サッシ組立・納まり・サッシと外壁の取合い部分・サッシの上部状況(樋・ひさし・給排気口・ルーフバルコニー・アルミバルコニー・手すり・笠木・軒・屋根の取合い部分・天窓・棟換気)・設置条件・環境など幅広い視野で現場の状況を注意深く確認してください。
雨水浸入事故の過去の事例によると、雨水の浸潤箇所や浸潤の仕方によっては、おのずと浸入箇所が想定されてきます。雨水浸入事故が発生し現場確認を行う際、下図と調査リストを参考に浸潤箇所の周辺の状況を確認した後に、開口部の商品について別紙の商品別調査確認書に照らし合せて確認してください。下図は浸入の可能性がある箇所が複数の場合もあることを示していますが、さらにその複合も考えられますので注意深く確認することが重要です。 

雨水の浸潤箇所による浸入箇所の現場調査のポイント
雨水の浸潤箇所による浸入箇所の現場調査のポイント
浸潤箇所(室内側) 浸入箇所(屋外側)
雨漏り対策  浸潤箇所(室内側) 浸入箇所(屋外側)
  浸潤箇所浸入箇所 浸入箇所
A 1階サッシ(額縁下部、幅木部) 窓下部 ①サッシシーラー部②サッシまわりシーリング
B 1階サッシ(天井部、額縁上部、上枠止めネジ穴部) 窓上部 ③ひさしとサイディングの取合い、モルタル外壁のひび割れ④1階2階外壁の取合い、モール(化粧幕板) ⑤2階サッシ(B)
C 2階サッシ(連窓)たてすべり出し窓+FIX窓
(額縁下部、幅木部)
窓下部 ①サッシシーラー部 ②サッシまわりシーリング ③下キャップまわりシーリング④下キャップ水抜き穴の確保 ⑤方立目地 ⑥上キャップまわりシーリング
D 2階サッシ(連窓)たてすべり出し窓+FIX窓
(天井部、額縁上部、上枠止めネジ穴部)
窓上部 ⑦サイディング破損部(クラック) ⑧サイディング固定ビス⑨サイディングと軒天の取合い ⑩屋根妻面ケラバ部(破風板と外壁の取合い)
E 1階玄関ドア(土間)(勝手口ドアも同様) ドア下 ①ドアまわりシーリング
F 1階玄関ドア(土間)(天井部、額縁上部) ドア上 ②ひさし(キャノピー)と外壁の取合い③外壁とひさしの取合い ④2階サッシ(D )
G 2階サッシ
(額縁下部、幅木部)
窓下部 ①サッシシーラー部 ②サッシまわりシーリング
H 2階サッシ
(天井部、額縁上部、上枠止めネジ穴部)
窓上部 ③サイディング出隅(入隅) ④屋根・壁取合い部(雨押え端部、壁止まり部)(板金役物など)⑤子屋根と主屋根の下の妻壁の接合部 ⑥天窓 ⑦子屋根の棟と主屋根の交点部
I 1階サッシ
(段窓)たてすべり出し窓+FIX窓(額縁下部、幅木部)
窓下部 ①サッシシーラー部 ②サッシまわりシーリング③左右無目補強材まわりシーリング
J 1階サッシ
(段窓)たてすべり出し窓+FIX窓(天井部、額縁上部、上枠止めネジ穴部)
窓上部 ④外壁の継目⑤ひさし(キャノピー)と外壁の取合い⑥笠木と外壁の取合い部⑦笠木コーナー部
K 1階サッシ(額縁下部)シャッター付サッシ(引違いテラス) 窓下部 ①サッシまわりシーリング
L 2階サッシ(額縁下部) 窓下部 ①サッシまわりシーリング ②給排気口と外壁取合い
M 2階サッシ(天井部、額縁上部、上枠止めネジ穴部) 窓上部 ③軒天 ④天窓 ⑤棟換気
N 1階サッシ(額縁下部)雨戸付サッシ(引違いテラス) 窓下部 ①サッシまわりシーリング ②戸袋連結部シーリング
O 1階サッシ(天井部、額縁上部、上枠止めネジ穴部) 窓上部 ③2階ベランダ(FRP)とサッシの取合い部④2階ベランダ腰壁と外壁の取合い部、サッシまわりシーリング⑤笠木とコーナー部、外壁との取合い ⑥2階ベランダ排水口(ドレン)(アルミバルコニーの場合)・ブラケットと胴差しの取合い・根太掛けと外壁の取合い・壁付け柱と外壁の取合い

※各商品の確認項目については商品別調査確認書に照らし合せて確認してください。
※語句の説明:「雨水の浸潤箇所」とは、雨水が浸入してしみ出た部位を示しています。
 抜粋:社団法人日本サッシ協会

住宅実例アルバム

現在までに弊社でお手伝いさせていただいた住宅実例写真の一部ををFlickrに掲載しています。

BR030BR026BR023BR020BR031BR024 BR021BR017BR016BR009BR010AR010 AR020AR030AR040AR050

Flockrでサイトにギャラリーを作ろうと思いましたがPHPの良く分らない私ですので取りあえずアップだけしておきます。^^

工事監理の標準業務内容

工事監理とは

工事が実施設計図書とおりに実施されているかを確認するための業務で下表の標準的内容が工事監理業務となります。

項目 業務内容
工事監理方針の説明等 工事監理方針の説明 工事監理の着手に先立って工事監理体制その他工事監理方針について建築主に説明する
工事管理方法変更の場合の協議 工事監理の方法に変更の必要が生じた場合、建築主と協議する
設計図書の内容の把握等の業務 設計と書内容の把握 設計図書の内容を把握し、設計図書に明らかな矛盾、誤謬、脱漏、不適切な納まり等を発見した場合には、建築主に報告し、必要に応じて建築主を通じて設計者に確認する
質疑書の検討 工事施工者から工事に関する質疑書が提出された場合、設計図書に定められた品質(形状、寸法、仕上り、機能、性能などを含む)確保の観点から技術的に検討し、必要に応じて建築主を通じて設計者に確認の上、回答を施工者に通知する
施工図等を設計図に照らして検討及び報告する業務 施工図の検討及び報告 設計図書の定めにより、工事施工者が作成し、提出する施工図(躯体図、工作図、製作図等をいう)製作見本、見本施工等が設計図書の内容に適合しているかについて検討し、建築主に報告する
工事材料、設備機器等の検討報告 設計図書の定めにより、工事施工者が提案または提出する工事材料、設備機器等(当該工事材料、設備機器に係る製造者及び専門工事業者を含む)及びそれらの見本が設計図書の内容に適合しているかについて検討し、建築主に報告する
工事と設計図書との照合及び確認   工事施工者の行う工事が設計図書の内容に適合しているかについて、設計図書に定めのある方法による確認の他、目視による確認、抽出による確認、工事施工者から提出された品質管理記録の確認等、確認対象工事に応じた合理的な方法により確認する
工事と設計図書との照合及び確認の結果報告   工事と設計図書との照合及び確認の結果、工事が設計図書とおりに実施されていないと見つめるときは、直ちに、工事施工者に注意を与え、工事施工者がこれに従わないときは、その旨を建築主に報告する。なお、工事施工者が設計図書とおりに施工しない理由について建築主に書面で報告した場合においては、建築主及び工事施工者と協議する
工事監理報告書の提出 工事と設計図書との照合及び確認を終えた後、工事監理報告書を建築主に提出する