株式会社ユー・アーキ

住宅・店舗・事務所のデザイン&工事 [横浜]

TEL.045-482-2155

〒221-0812 横浜市神奈川区平川町13-21

透過損失計算

音の透過損失計算について、複数の素材を組合わせた場合には本来、下記の計算式では差異が生じると思われるが推定計算式として記載しておきます。(透過損失だけで遮音性が決まるわけではありません。)
※合板、石膏ボード、断熱材や遮音材を複合的に使用した場合の面密度合計値による「推定値」

パネル単層の透過損失計算式

TLo : 透過損失(垂直入射波)=20Log10fXM-43
TL : 透過損失(任意入射波)=Tlo-10Log10(0.23XTLo)
M : 材料層の面密度
f : 周波数

参考

空気層の有る、複列の透過損失 TLML+10Log10*{1-(f/fr)}

fr 共鳴透過損失

fr 共鳴透過損失1

fr : 共鳴透過損失
m1.m2 : 表面材の面密度(g/cm2)
m:表面材の面密度(g/cm2)
C:音速(cm/sec)
P:両側面の音圧差
d:空気層の厚さ(cm)

空気層の有る複列の透過損失

空気層の有る透過損失

〒L:中空パネルの透過損失
f:周波数
TLML:空気層が無い透過損失
fr:共鳴透過損失

引用

八戸工業大学 音環境工学 橋本研究室 GOOD
重量床衝撃音の予測計算ソフトがダウンロードできます。(日本建築学会賞受賞^^)

早稲田大学 音環境情報処理研究所
騒音の制御,評価のあり方,音場設計,視覚・聴覚が退化してしまった文明国の人々の目や耳でなく人間が本来持っていた視覚・聴覚に基づく符号化やVR構築,一般化調和解析など原点に立ち返った信号処理,文化遺産からの非接触・非破壊音情報読み取り,言語獲得に関する研究等を進めている・・・難しそうですが子安 勝先生の論文は平易なものも有り大変参考になります。(建築音響についてはこちらですPDF

ステンレスの厚さ表示について

海外のキッチンシンクを使用する場合にステンレスの厚みにゲージ「Gage」と表示されています。mmだと下記の表のようになります。

Gage (inches) (mm)
3 0.2391 6.073
4 0.2242 5.695
5 0.2092 5.314
6 0.1943 4.935
7 0.1793 4.554
8 0.1644 4.176
9 0.1495 3.797
10 0.1345 3.416
11 0.1196 3.03
12 0.1046 2.657
13 0.0897 2.278
14 0.0747 1.897
15 0.0673 1.709
16 0.0598 1.519
17 0.0538 1.367
18 0.0478 1.214
19 0.0418 1.062
20 0.0359 0.912
21 0.0329 0.836
22 0.0299 0.759
23 0.0269 0.683
24 0.0239 0.607
25 0.0209 0.531
26 0.0179 0.455
27 0.0164 0.417
28 0.0149 0.378